交渉をおこなっていく

交通事故交通事故の慰謝料を考える場合、どんな額になるのかは判例によって決められるといって過言ではありません。過去にどのような裁判の判決が出たのかを参考にして決められていくのは、交通事故に限らないことです。裁判の判決を最もよく知る弁護士は、依頼人にとって強い味方になることは間違いありません。

弁護士の仕事としては、相手との交渉があります。慰謝料に関しては民事事件となりますが、相手と対立することになるのがポイントです。加害者側につく保険会社は、できるだけ支払いたくありません。そこで、交渉役として弁護士は被害者の代理人として活躍します。法律的な知識を持って交渉に臨むため、保険の専門家である保険会社の担当者と交渉をすることが仕事です。

交渉に臨むために、事故に関しての情報を収集しておきます。情報を分析して、いったいどれぐらいの損害賠償を請求することができるのかを検討しておくことが必要です。資料も作っておくことが必要となり、これを持って交渉するための下準備も弁護士の大事な仕事といえるでしょう。裁判のような華やかなイメージがあったりもしますが、実際には裏方的なこともまとめておこなっていくことになるのが弁護士です。