代理人としての仕事

弁護士交通事故を扱う弁護士の仕事は、交渉だけではありません。代理人としての仕事を考えた時に、依頼者の代わりを務めていくことが重要なポイントになっていきます。代理になるため、すべての窓口にもなる点が重要です。交渉をすることになれば、相手からの連絡も受けなければなりません。ですが、被害者がこの連絡を受けること自体が苦痛です。相手の声すら聴きたくないこともあるでしょう。そんな時でも、弁護士は代理人として窓口となり、すべての連絡を受けてくれます。これによって、依頼者は被害者からの連絡もシャットダウンしてしまうことが可能です。

窓口業務では、相手から慰謝料を支払われるとしても、いったん弁護士の指定口座に振り込まれます。自分の口座を被害者に教えてしまうことは、デメリットも大きいでしょう。無駄な個人情報の流出にもなってしまうため、できるだけ避けたいところです。弁護士に入金されるようになれば、安全性は高まります。

実際にかかる費用もいろいろとありますが、弁護士がいったん支払い、あとから清算することも仕事のひとつです。経費もいろいろと掛かってしまうことになりますが、相手から支払いを受けるまでは、お金を出さずに済むことがほとんどといっていいでしょう。こうした機能も弁護士の仕事のひとつといえます。