弁護士の仕事

交通事故にあってしまったとき、加害者側の加入する保険会社との交渉になるのが一般的です。担当者が決まり、示談交渉となっていきますが、相手は保険業務のプロであり、自分だけでは交渉が難航することは容易に想像できます。実際にさまざまな損害賠償を請求することになってきますが、さまざまな論点が飛び交う中で考えていかなければいけません。それだけに、専門的な知識がなければ、対抗することは難しいのは当然です。

男性保険会社が提示する示談金の問題も出てきます。保険会社は算定基準を独自で持っていますが、これは決して高いものではありません。保険会社も商売ですので、ぎりぎりに抑えたいと考えるのが当然です。慈善事業ではないため、支払いたくはないということが本音となるでしょう。そうなると、当然低額に抑えられることも出てきます。しかし、被害者から考えれば、大きな損害を受けてしまっていることも出てきますし、精神的な苦痛に対する慰謝料の問題もあるでしょう。納得できる金額でないことは当然考えられます。だからこそ、弁護士を入れて交渉を進めることが必要です。

その中で、依頼するとしても、一体どんな仕事をしてくれるのかという不安も出てくるでしょう。当然のことですが、そこまで弁護士の仕事がどんなものか知られていない部分もあるからです。被害者の利益を最大化させるように努力するのが弁護士ではありますが、どんな仕事をするのか考えてみることも必要でしょう。